レイクタホのスキー・スノボガイド: 湖の絶景リゾート、ヘブンリー(Heavenly Ski Resort)

   

レイクタホに数あるスキー場の中で湖の景色が一番素晴らしいのはヘブンリー(Heavenly Ski Resort)。湖に飛び込んでいきそうなスロープがいくつもあり一度は必ず訪れてほしいリゾートです。今日は湖の絶景スキー場であるヘブンリースキーリゾートをご紹介します。

とにかくに広いヘブンリーリゾート(Heavenly Ski Resort)

ヘブンリーはレイクタホの中にあるスキー場の中で最も広いスキー場です。どれくらいの広さかというと、ニセコユナイテッドの約2倍の広さです。

  • ニセコユナイテッド:10.2平方キロメートル
  • ヘブンリーバレー:19.4平方キロメートル

あまりにも広すぎるので1日で全てを滑りきるのは無理です。ヘブンリーへいらっしゃるなら少なくとも2日はかけて隅から隅まで滑ることをおすすめします。

ヘブンリーのトレイルマップはこちらから

スロープへのアクセスは4つのふもとから

スロープへは4か所のふもとからアクセスできます。うち1つはネバダ州との州境に隣接しているホテル街に隣接しており、多くのホテルから徒歩圏内なのでとても便利です。

  • ヘブンリービレッジ (Heavenly Village):州境にあり近隣のホテルから徒歩でゴンドラまで行けます。ゴンドラはメインストリートであるハイウエ50に面しておりまわりにはレストランやショッピングセンターがたくさんあります。ただし専用の駐車場がないので車でお越しの際にはこのふもとはおすすめできません。
  • カリフォルニアロッジ(California Lodge) : ハイウエイ50から2-3分ほど山側に進むので車で来る場合に最もポピュラーなアクセスポイントです。トラムかリフトで上まで上がります。初心者用のバニースロープもこのふもとにあります。帰りはブラックダイヤモンド(上級者コース)のスロープか長い山間コースを滑ってふもとに戻ることができます。たまリフトかトラムに乗って駐車場に戻ることもできます。
  • ステージコーチロッジ(Stagecoach Lodge):ハイウエイ50から300メートルほど上に登っていきます(車で約10分)。駐車場が小さいのが難点ですが、標高が2280メートルと高いので雪のコンディションが他のふもとより良いのが長所です。
  • ボールダーロッジ(Boluder Lodge):ステージコーチの近くにあります。ここも標高は2210メートルなので雪質は保証付き。駐車場もステージコーチよりは広いのですが、ふもとから出発するリフトの速度が遅いのが難点。最初のリフトに乗っている時間が15分くらいになります。

↓カリフォルニアロッジの駐車場へ降りていくリフト(Gunbarrel Express)からの眺め。この下はブラックダイヤモンドのスロープになっています。右手に見える高層ビル群はネバダ州川のカジノホテル。

 

カリフォルニアとネバダ州にまたがるスキー場

ヘブンリーはカリフォルニア州とネバダ州にまたがっているので、滑りながら2つの州を行ったり来たりすることができます。カリフォルニア側とネバダ側をつないでいるのはスカイエクスプレス(Sky Express)。唯一のコネクションリフトなので、カリフォルニア側から出発してネバダ側に行ってまたカリフォルニアに戻る場合、または反対の場合も必ずこのリフトを使います。このリフトが悪天候なので運営停止した場合はふもとに戻ってシャトルバスで出発した側の駐車場までもどらなければならないのでご注意ください。

↓スカイチェアの降り口はレイクタホのスキー場の中でも最も標高が高く3060メートルです。ここから向かって右に進めばカリフォルニア側、左に進めばネバダ側を滑ることができます。

↓スカイチェアの降り口から向かって左に進むと山間コースの途中に州境があります。

湖に飛び込む気分の絶景スロープ

ヘブンリーの魅力はとにかく景色が素晴らしいことです。湖に飛び込むような気分になる絶景スロープがいくつかあります。

湖の絶景が楽しめるおすすめリフトは

  • スカイエクスプレス(Sky Express):スカイチェア(リフトのことは一般的にチェアと呼びます)のトップからカリフォルニア側に降りるスロープは基本的にどこからでも絶景です。Ridge Run が最も人気のあるコースです。
  • タマラックエクスプレス(Tamarack Express):ヘブンリービレッジから出発するゴンドラの終点から出ているリフトです。タマラックからカリフォルニアトレイルを降りていく途中のポイントからの湖の眺めが個人的には一番おすすめです。

↓タマラックからの湖の眺め。

↓スカイチェアからリッジランの映像です。

 

ネバダ州の砂漠とカリフォルニア州の森と湖を一望する

レイクタホのあるシエラネバダ山脈はカリフォルニア州とネバダ州の州境を走っている長い山脈でヨセミテ国立公園もこの山脈の中にあります(ヨセミテはレイクタホの南です)。シエラネバダは尾根からカリフォルニア側(西側)はうっそうと茂った針葉樹の森と湖が点在しているのですが、ネバダ側(東側)はいきなり砂漠になります。このコントラストはいつ見ても感動します。簡単に解説すると太平洋から吹いてくる海風がシエラネバダの尾根で遮られるのでカリフォルニアは豊な緑でネバダ側は砂漠になるという仕組みです(実際にはもっと複雑です)

スキーリゾートのあちこちでネバダ側の砂漠とカリフォルニア側の森と湖の景色を楽しむことができます。両方の風景を一気に写真に撮るならタマラックチェアのトップがおすすめです。なお、砂漠と湖+森を同時に見ることができるスキー場はレイクタホの中ではヘブンリーだけです。

↓真ん中の尾根をはさんで左手にレイクタホ、右手はネバダ州の砂漠を一望できるタマラックチェアの降り口

まとめ

ヘブンリーの魅力をお伝えすることはできましたでしょうか?景色だけではなく山としても魅力がたくさんあるリゾートです。1回ではとてもお伝えしきれないので近いうちにヘブンリーをさらに徹底解説したガイドをアップする予定です。どうぞお楽しみに!

 

 - レイクタホ, レイクタホのアウトドア, レイクタホのスキースノボ, レイクタホスキースノボ情報